6月の有効求人倍率  香川は全国5位

6月の有効求人倍率  香川は全国5位 厚労省が昨日にまとめた四国4県の6月の有効求人倍率は前月比0.01 ポイント改善の1.15倍だったそうです。

香川・・・1.44倍で全国5位と高水準をキープ。特にサービス業、 医療・ 福祉の伸びが大きく貢献。

高知・・・0.85倍ではあるが、引き続き過去最高を更新。製造業や建設 業など10業種で改善。

愛媛・・・1.13倍。 建設業、製造業、サービス業で伸び、前年同月を 26か月連続で更新中。

徳島・・・0.04ポイント下がって1.12倍。これは昨年の7月頃から水準が 高くなっていたために一服感が出てきている、と徳島労働が指摘。 有力な製造業が数社あり、技術職を中心とした求人意欲は堅調。

有効求人倍率というのは当該エリア企業の採用意欲を測る一つの尺度で はありますが、実際に四国企業の人事キーマンと接している私どもとして も徐々にではありますが高揚感は実感し始めています。

いつの時代も地元企業は優秀な人材(即戦力)を求めていますが、 今まさに力のあるUターン転職希望者がクローズアップされている時代と 言えるのではないでしょうか。

Featured Posts
Recent Posts
Archive