四国の上場16社(4~9月期連結決算)

November 18, 2015

四国の上場企業の2015年4~9月期決算が出そろった。円安や堅調な国内需要を追い風に、前年同期との比較が可能な16社のうち8社が増益、または赤字幅が縮小した。

ただ、原材料価格の高騰や中国経済の減速などが響き、業績が悪化した企業も8社あった。16年3月期の最終総益は9社が改善を見込むが、中国経済の動向が改善基調に影を落とす可能性もある。輸出が多い製造業は円安基調で好調を維持した。

四国化成工業の4~9月期の純利益は25億円と前年同期比25%増えた。ラジアルタイヤに使う不溶性硫黄の輸出が好調だった。

三浦工業の純利益は14%増の32億円だった。中国や韓国など海外で省エネ性能の高いボイラーの販売が大幅に伸びた。

タダノはインフラ老朽化対策や、首都圏の高層マンション建設などで建設用クレーンの引き合いが強い。4月~9月期は売上高、純利益ともに過去最高だった。

 

                  (11月18日 日経新聞四国ページより抜粋)

Please reload

Featured Posts

食品機械メーカーの四国化工機(徳島県北島町)は日本政策投資銀行
が手掛ける「健康経営格付」を四国企業で初めて取得した。従業員の
健康管理やメンタルヘルス対策に力を入れていることが評価された。

 

 同格付けは従業員の健康配慮への取り組みを100項目にわたって
チェックし、ヒアリングも実施。優れた企業を選...

徳島の四国化工機、「健康経営格付」を取得

October 15, 2015

1/1
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

サービスは全て「無料」です。

Copyright (c) 2015 Tikara net Inc All rights Reserved.