Uターン転職で失敗しないための4つの鉄則

 【鉄則1】拠点採用の求人は、避けるべき!

全国展開している大手企業の香川支社や徳島工場や愛媛支店や高知営業所での求人情報はお薦めしません。Uターン転職で、あなたが望むことは何ですか?将来的にずっと、香川・徳島・愛媛・高知で暮らしていきたい、ということではないでしょうか?

拠点採用の場合、「転勤」もあり得るのです。もちろん、採用時に「転勤はない」との説明をする会社もありますが、組織や人事制度が変わるということはよくあることです。将来的に県外への転勤の可能性も少なくありません。あなたが優秀であればあるほど、本社への異動(栄転)も考えられます。

拠点が突然、撤退するということもあります。私も数多く見てきました。
是非、「香川・徳島・愛媛・高知に本社がある会社」を選んでください。
ちからネットがご紹介するのは、全て、香川・徳島・愛媛・高知に本社を持つ会社です。全国展開の大手企業から、「拠点採用のお手伝いをしてもらえませんか?」という問い合わせを頂くことも多いのですが、全てお断りしています。

【鉄則2】とりあえずUターン転職をして、気にいらなければ、
また転職したらいい、という安易な考え方は捨てるべき!

その理由は・・・・。
“今”のあなたが、最もよい条件で転職ができる、ということです。経営者(採用する側)はあなたに何を期待していると思いますか?

首都圏や関西圏などで様々な経験を積み、揉まれてきたあなたに期待しているのです。

「自分の価値は転職しても変わらない。」

そう思うのはもっともですが、現実はそうではありません。「今、首都圏や関西圏な

どで働いているあなた」に、経営者は価値を見出しているのも事実です。地元で再度転職した場合は、給与などの条件は、さらに下がることが多いのです。ですから、じっくりと時間をかけて、悔いのないように会社を選んで欲しいと思います。

【鉄則3】Uターン転職活動は、現役のまま続けるべき!

「次の会社を決めずに退職し、地元に戻ってから就職活動をすればいい・・・」という考えは捨ててください。

上記でも述べましたが、「首都圏や関西圏で働いている現役のあなた」に、地元企業は価値を見出しているのです。

また、仕事を辞めてしまっての就職活動は、「焦り」が出てきます。家族がいらっしゃる方はなおさらです。焦りが出ると、「妥協」が生まれます。自分の価値を下げてしまうことになります。大変だとは思いますが、現在の仕事を続けながらの転職・求人活動をお薦めします。

【鉄則4】地元(香川・徳島・愛媛・高知)に担当者がいない
求人・転職支援会社の求人情報には気をつけるべき!

実は、大手の求人・転職支援会社の中には、四国に拠点がない会社が多いのです。

四国の求人情報があったとしても、です。また、拠点(支社や支店)があったとしても、転職・求人支援スタッフ(キャリアアドバイザー)が四国にいない場合も多いのです。ここもチェックすべきポイントです。

ちからネットは、地元に根ざしていますので、企業とのパイプ、求人情報収集力、フットワークが違うのです。