January 6, 2016

 四国の中心市街地から活気が失われつつある。にぎわいをもたらすには何が必要か。徳島市出身で、デジタル技術やアートを活用した街おこしを手掛ける、チームラボ(東京・文京)の猪子寿之社長に聞いた。

 

 ――地方都市の現状をどう見ますか。

 

 「いまさら大都市と同じような開発をしたところで勝てはしない。その街の歴史的背景や地理的側面を生かしたアプローチをしなくては。ただ『豊かな自然がある』のはどの地方も同じ。自分たちの強みを見つけてアピールすることが重要だ」

 「いま取り組んでいるのは、地方の街並みや自然環境に、映像や音などのデジタルアートを組み...

January 5, 2016

――地方創生への関心が高まっています。

 「私は20年以上公共建築に携わっている。重要プロジェクトの多くを地方で手掛けており、訪れるたびに都会と違った豊かさを感じていた。国の調査によれば、東京在住者の約4割が地方移住を検討しているか検討したいと回答し、3割弱が都市と地方の2地域居住を希望している。地方の存在はこの先さらにクローズアップされるだろう」

 「最大の魅力は自然がありコミュニティーが残っていること。都会人は均質な生活で表情が乏しいが、地方のお年寄りなどはとても個性豊かだ。人の絆やコミュニティーは災害が多い日本では重要で、東日本大...

December 10, 2015

発光ダイオード(LED)関連製品を手掛けるLEDグロー(香川県三木町)
は劣化に強い照明用のモジュール(複合部品)を開発した。熱や水に強い樹脂

や構造を取り入れ、厳しい条件でも使いやすくした。配置の無駄がないよう

1個単位でも使えるようにした。6月に韓国に全額出資会社を設立、量産体制

を整えた。アミューズメント施設や店舗などの看板照明向けに売り込む。

 

開発した「プレミアムLEDモジュール」は、発光するLED部分を除き、
全体を箱のようにABS製の素材でカバーしているのが主な特徴。
光源が4つあるタイプでは縦横とも5センチ程度で高さ1センチ...

November 18, 2015

四国の上場企業の2015年4~9月期決算が出そろった。円安や堅調な国内需要を追い風に、前年同期との比較が可能な16社のうち8社が増益、または赤字幅が縮小した。

ただ、原材料価格の高騰や中国経済の減速などが響き、業績が悪化した企業も8社あった。16年3月期の最終総益は9社が改善を見込むが、中国経済の動向が改善基調に影を落とす可能性もある。輸出が多い製造業は円安基調で好調を維持した。

四国化成工業の4~9月期の純利益は25億円と前年同期比25%増えた。ラジアルタイヤに使う不溶性硫黄の輸出が好調だった。

三浦工業の純利益は14%増の32億円だっ...

October 15, 2015

食品機械メーカーの四国化工機(徳島県北島町)は日本政策投資銀行
が手掛ける「健康経営格付」を四国企業で初めて取得した。従業員の
健康管理やメンタルヘルス対策に力を入れていることが評価された。

 

 同格付けは従業員の健康配慮への取り組みを100項目にわたって
チェックし、ヒアリングも実施。優れた企業を選び、評価に応じて融資条件
を決める。四国化工機は既存設備の維持更新などについて、9月末に
数億円の融資を優遇金利で受けた。

 

 政投銀によると、同社は従業員の時間外労働を厳密に管理し、
基準超過者に健康診断を義務付けしたり、部署ごとのメンタ...

September 17, 2015

タダノは14日、建設用大型クレーンの新工場開設に向け、候補地を開発中の香川県に要望書を出した。県が高松市で埋め立てを進める「高松港香西西地区」に関し、工業用地の面積を広げ、完成の1年前倒しを求めた。同社は主力の志度工場(香川県さぬき市)と同規模の工場を2018年にも稼働し、海外を中心に好調な建設用クレーンの増産を目指す。

新工場は第一期工事で延べ床面積約3万平方メートルを計画する。約100億を投じて18年秋の稼働を目指す。当初の月産能力は約80台を見込み、生産能力は現在の1.4倍となる。

クレーン全体のほか、腕の部分に使う油圧シリンダー...

September 10, 2015

 松山市は市外からの移住・定住を促進するため「まつやま移住アンバサダー」を初めて募集する。移住の経緯や暮らして良かった点などを発信してもらう。11日から10月15日までに100人程度の声を集めるとともに、インタビューなどに応えてもらう。

 

市は人口減少対策として今年度中に移住希望者向けのウェブサイトや相談窓口を新設する方針。その一環でアンバサダーの声を集めて発信し移住の参考にしてもらう。アンバサダー就任を希望する人は11日正午以降に特設サイトにアクセスの上、必要事項に回答する。

 

松山市には毎年多くの転勤者が転入しており、市はU・Iター...

September 1, 2015

 四国4県が首都圏にある延べ18(一部機能含む)の政府関係機関の移転先に名乗りを上げた。政府が地方創生の一環で全国の道府県から8月末まで提案を募集していた。最も多い高知県は計7機関の移転を求めた。政府は来年3月までに移転する機関を決める方針だ。

 高知県は海洋研究や防災をテーマに海洋研究開発機構の神奈川県横須賀市と横浜市にある3つの研究開発センターや産業技術総合研究所の東京都江東区や茨城県つくば市にある一部機能を挙げ、高知空港にも近い高知大物部キャンパス(南国市)周辺などを移転候補地とした。林業振興へ森林総合研究所(つくば市)の移転も...

August 22, 2015

 四国各県で地方創生に向けた総合戦略と人口ビジョンがまとまりつつある。各県とも何の対策も講じなければ2060年に人口が現在より4~5割減るとの推計を踏まえ、施策の総動員によって人口減の抑制を目指す。各県が掲げる60年時点の人口目標が達成できれば減少幅は2~3割に縮むが、ハードルは高く実効性が問われる。

 4県では全国に先駆けて3月に総合戦略を決めた高知県が20日、人口ビジョンを織り込んだ内容の改定を協議。香川県も17日にまとめた総合戦略と人口ビジョンの案に対し20日に有識者の意見を聞いた。徳島県は7月にそれぞれを策定済み。愛媛県は骨子...

August 12, 2015

 

四国4県の3月期決算の上場企業16社が発表した2015年4~6月期の
連結経常損益(一部単独)は、前年同期に比べ12社の業績が改善した。
国内のインフラ関連需要が業績を押し上げたほか、円安で輸出採算が
改善、原油安もコスト減につながった。16年3月期も10社が経常増益を見込むが、海外経済の変調などが業績に影響を及ぼす可能性もある。

国内のインフラ老朽化対策で産業用機械の引き合いが強い。
タダノは海外向けの販売はやや減ったが、国内で高速道路や橋の点検
などに使う高所作業車などの需要が伸びたことが寄与した。
4~6月期の経常益としては過...

Please reload

おすすめ記事

食品機械メーカーの四国化工機(徳島県北島町)は日本政策投資銀行
が手掛ける「健康経営格付」を四国企業で初めて取得した。従業員の
健康管理やメンタルヘルス対策に力を入れていることが評価された。

 

 同格付けは従業員の健康配慮への取り組みを100項目にわたって
チェックし、ヒアリングも実施。優れた企業を選...

徳島の四国化工機、「健康経営格付」を取得

October 15, 2015

1/1
Please reload

最近の投稿
Please reload

過去の記事
Please reload

タグで探す

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

サービスは全て「無料」です。

Copyright (c) 2015 Tikara net Inc All rights Reserved.